スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

#403 ベイカーベイカーパラドックス

 前回の記事に引き続いて「月曜から夜ふかし」ネタをもう1つ。今度は「ベイカーベイカーパラドックス」である。これはある人の特徴についてはよく記憶しているにも拘らず、その人の名前だけが思い出せないという事態を指すらしい。何でも、パン屋(baker)を営むベイカーさん(Mr. Baker)がおり、ある人がベイカーさんがパン屋さん(ベイカー)だったことは思い出せるのに、「ベイカー」という名前だけが思い出せなかった、というエピソードからできた言葉だそうだ。
 で、これも私がよくやりがちという話である。昔から人の名前を覚えるのをえらく苦手としており、新しい人と会うたびに苦労してきた。その人の名前を呼ばずともコミュニケーションができるような会話を心掛けて難を逃れてきた。そしてようやく人の名前を覚えたと思ったら全く定着しておらず、ふとした瞬間に名前を思い出そうとしてもできない。いつも「ド忘れした」と言って誤魔化しているのだが、誤魔化しではなく覚えきれていないのである。最近は特に酒の席になるとこの症状がひどくなる。週に1、2回の高頻度で会い、さすがに名前も覚えているだろうと信じていた人の名前ですら、酒の席になると忘却の彼方へ飛んでいってしまう。ただし、ベイカーベイカーパラドックスのポイントは、その人の特徴はよく覚えているということだ。なので、「ほら、○○出身でさ、この間××したとか言ってた」と特徴を述べると、一緒に飲んでいる人が名前を思い出してくれるので、何とか切り抜けることができる。ばつが悪いのは、そのまさに酒の席に同席している人の名前も思い出せなくなってしまうときである。「君の特徴は○○、××だよね、ところで君の名前何?」と聞くわけにもいかず、この場合は名前を呼ばないコミュニケーションに徹することになる。元々名前の記憶が苦手な私とは言え、さすがにマズい。年をとったせいなのだろうか。しかし今の年でこの症状とは…中年の頃どうなっていることやら。


[2015/4/30(Thu)]
関連記事
スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
AUTHOR PROFILE

zuok

Author:zuok

CALENDAR
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
THANK YOU FOR COMING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。