スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

#400 開邦高校の改編

 母校・開邦高校が大きく変わるようである。とうとう中等部を作ってしまうそうだ。つまり県立でありながら、中高一貫6年教育を導入するわけである。中等部は当面、1クラス40人だけ募集するらしい。中高一貫教育を先行して実施している私立中高に比べ、開邦生は限られた時間で必死こいて勉強して、まあまあそれなりに実績を作ってきたし、そこに割とプライドもあったところ、私立の中高6年教育の方へと移ってしまうのは少し残念な部分がある。時代のニーズには逆らえないようだ。
 とは言え、ここまでは問題ない。もっと残念なのは、私の出身学科である理数科が廃止されてしまうことである。現在、開邦には理数科・英語科・芸術科の3科が設置されている。大人しく普通科を作ればいいものなのだが、普通科にすると学区制の適用があり、全県から学生を募集することが難しくなっているため、こういう風になっているのである。今回の改革では、芸術科は残すものの、理数科と英語科を統合して「学術探究科」とし、クラス数も理数科3、英語科2の計5クラスから1つ減らして4クラスにするそうである。内、1クラスは中等部からの進学者に充てられるので、高校から入学するものは3クラス=120人と大幅に減ってしまう。高校受験のハードルは高まるかもしれない。学術探究科といういよいよ何を勉強するのかよくわからない学科になってしまうのがどうも気に食わないが、ま幅広く勉強しましょうということなんだろう。私は思いっきり文系人間だが、理数科にいたせいでそれなりに数学と理科を勉強させられた。まあ身についたかついてないかと問われればついていないんだろうが、あの頃のカリキュラムがなければもっと理数が苦手になっていたかと思うと、それなりに成長はしたはずである。カリキュラムが今後どうなるのかは続報を待たねばならないが、”理数”という特色ある学科が消えてしまうのは残念である。
 そして、一番の問題は、中等部には既存の施設を利用するということ。あんなせまい敷地の中でどうやって中等部のを作るのだろうか。現行から1クラス減らすので教室に空きは出るのだろうが、それでも高校生と中学生のフロアが同じになってしまうだろう。無論、(開邦をご存知の方はすぐにわかると思うが)あの敷地にこれ以上建物を建てる場所はないと言っていい。駐車場を潰すぐらいしか場所を確保できないだろう。(あるいは、運動場を減らすか。)これまた続報を待たなくてはならない。

 というわけで、自分がいた頃から大きく様変わりしそうな開邦高校であるが、遠い後輩たちがちゃんと勉強して実績を上げ、かつ楽しい高校生活を送ってくれるような環境になればそれでいい。カリキュラム等今後の具体案に期待したい。


[2015/5/2(Sat)]
関連記事
スポンサーサイト

Tag:思考(ニュース)  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
AUTHOR PROFILE

zuok

Author:zuok

CALENDAR
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
THANK YOU FOR COMING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。