スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

#346 [東京研修+ディベート'13]4◆2日目の飲み会は…

 本日の研修は以上で、夕食まで自由時間である。みな思い思いに過ごす。ボンゾやダニエルらは原宿に行くというし、3年生たちはメイド喫茶に行きたいと。私はというと、試験が迫っていたために、部屋で勉強。東京まで来て!とお思いになるかもしれないが、隙間時間をいかさなければらないくらい切羽詰まっているのである…と言いたいところだったのだが、疲れていたのだろう、本を開くと強烈な睡魔に襲われてしまい、結局1時間強寝てしまった。目覚めてあたふたしていたら、もう集合時間に間に合うようにホテルを出なくてはならない時間である。渋谷で飲み会ということで、109近くで待ち合わせである。
 あ、そうそう、言い忘れていたが、本日の夜も飲み会となるわけですが、な、な、なんと先生不参加!お仕事に追われているということで、まさかまさかの欠席なのである。とか言っときながら、実は誰か我々に素性を知られたくない人と密会しているのではないかと多少疑いつつも、ホテルの部屋でパソコンに向かって格闘されているのだろうと想像。しかし、せっかくのゼミ研修なのに…。そういうわけで、学生だけの飲み会となってしまった。

 話を戻そう。109の非常に場違いな雰囲気に抗しつつ、1人で集合場所にいた私だが、5分過ぎ10分過ぎ、誰も現れない。普段遅刻している罰が当たったか…。いい加減ギャルに囲まれるのも肩身が狭いと思っていたところに、さやぞうとかなうらが登場。助かった!で、他の人はどうも遅刻するそうで3人で居酒屋へ。居酒屋に着き、他の人を待てど待てど来ない。電車の時間でも間違ったのだろうか。すると3年生諸君が登場。この時点で開始時間20分オーバー。店員さんにそろそろ始めないかい!という圧力をかけられ、全員揃っていないものの仕方なく飲み会スタート。
 3年生は何をしていたのか聞くと、メイド喫茶に行っていたという。そして、とらより1枚の写真を見せられる。そこに写っていたのは、普段は人見知りで寡黙なのに、さぞ楽しそうにメイドのお姉さんと2ショットをきめるコモク君であった。何やら敬礼みたいなポーズもしている。なんだ、やればできるじゃないか。これぐらい普段のゼミでも積極的になって欲しいものである。
 遅れること30分以上、原宿組がようやく現れる。ボンゾは何やら奇抜な鞄を片手にしている。一目惚れして買ったらしいそのバッグは、きゃりーぱみゅぱみゅが持っていそうな、アメリカンな印象をもたらす色使いのゼブラ柄のそれ。「どう?これいいでしょ?」と掘り出しモンみっけた、という自慢げなテンションで紹介されたので、思わず「おう!」と言ってしまったが、あれは……似合わない気が。。。
 さらにさらに、1時間ほど遅れて野菜神キャロットが到着。こいつ何やってたんだ?聞くと、「友達と会ってました」と。ん〜〜〜怪しい…。野菜神のことだから、何をしでかすか分からん。本当は何してたんだ、おいコラ言ってみろ!!
 飲み会はもう各自色んなことをやった記憶があるが、確か「似てる発音の言葉どんどん言って突っ込むゲーム」が高頻度で行われた気がする。どんなゲームかをここで書くのは大変に恥ずかしいので控えるが、まあ似てる発音の言葉をどんどん言っていけば成立するのである。ボンゾ─ダニエル─かたふ、の黄金トライアングルのゲームの強さといったらない。飽きるほど存分に彼らの実力を見せつけられたのである。
 ビールからワインへと移行し、全体的に結構飲んだところでお時間。ささ、みんなで帰りましょう。

 ワインが徐々に効いてきたのか、みなさん結構酔っていらっしゃる。とらなんか完全に顔を真っ赤にしている。しかも言動がオカシイ。どうも先輩と同級生の区別がつかなくなっているようである。渋谷のスクランブル交差点上で「○○だよね、とら?」と問いかけると、答えもなしに「それな!」と先輩にタメ口。みんなで面白がって、色んな質問をぶつけてみたが、すべての返答が同じ。「それなっ!」「いや〜それなっ!」「マジでそれ!!」。完全に出来上がってしまったようだ。普段こういう人ではないので、ここはとことん付き合ってやろうと決め、山手線に乗ってホテルへ帰るまで色んな質問をしてみた。返答はご想像通りである。と、こういう風に楽しんでいたのだが、その山手線内で歴史的な事件が発生していたのである!
 それは、私が座った席の向かい側に大人しく座っていたと思われた野菜神が引き起こしたものである。伝聞なので正確さに欠けるかもしれないが、消息は次の通りだ。野菜神の隣に女性が座った。おそらく彼はお話したかったのだろう。女性はスマホでラインをしている。と、彼が急に語りかけた。「東京ではやっぱラインっすか?」これがかの有名な「東京ではラインっすか事件」である。もっと声のかけ方があるだろうに。。。しかもLINEって別に東京以外でも使ってるだろうに。。。どうして声をかけたのだろう?かけるにしても、どうしてこのフレーズを選んだのだろう?理由は未だに不明だ。

 そんな事件が起こっているとはつゆ知らず、ホテル付近へ到着。もう少し飲もうということで、ボンゾと私でウイスキーとコーラを購入。部屋でちびちび飲む予定だったのだが、ボンゾがささっと寝やがった。おいおいまだボトルでウイスキーいっぱい残ってるぞ。どうすんだよ、これ。仕方がないので、まだ起きている3年生たちとちびちび。もうベロベロで先輩にタメ口を使い始めたとらもそこに含まれている。彼は飲んで大丈夫なのだろうか…。案の定彼は飲んではいけない人だったのだが、これ以上は公開日記であるここに書くことができない。まあ今も元気でやってますのでご心配は無用なのだが。**を**して**し、走り出して**。慌てて引き戻したら、急に**して、挙げ句に果てに**したまま**[検閲されました]。う〜んやっぱり書けないなあ、これは。


[2014/8/1(Fri)]
関連記事
スポンサーサイト

Tag:大学・学習  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
AUTHOR PROFILE

zuok

Author:zuok

CALENDAR
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
THANK YOU FOR COMING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。