スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

#246 ミスチルベスト『micro』『macro』の収録曲

 Mr.Childrenは2012年5月10日をもちまして、デビュー20周年でございます。それを記念して2000年からのBEST盤が発売される。『Mr.Children 2001-2005〈micro〉』『Mr.Children 2006-2010〈macro〉』である。ファンたる矜恃として、私は当然に初回限定版を購入。収録曲のMVが収録されたDVDが添付されているのだ。しかもamazonさんが定価より安く売ってくれたために、お金も節約することができた。ありがたや、ありがたや。初回限定版にはそのDVDに加えて、ミスチル君のシールも封入されている。地味にウレシイ。もちろん当分はどこにも貼ることなく観賞用として大切に保管させていただく。

 
(残念ながらこちらは通常版。初回限定版は在庫がないようで、高い価格で取引されている。)

 この記事では収録曲についての私の感想を述べさせていただくことにする。
 まず対象範囲の2001~2010年までに発売されたシングル曲は、ネット配信限定曲も含めて全て収録されている。それは正直どーでもいいのだ(笑)問題はそれ以外に何を収録してくるかということである。前回のBEST盤である通称『肉』・『骨』はシングル曲以外の選び方がなかなかよく、これからミスチルを聴き始めようという人にとってもオススメできるようなものだった。さて今回はどうだろうか。
 推測するに各アルバムのリードナンバーとなった曲は全て収録する方針のようである。具体的には、

 ○『It's a wonderful world』→「蘇生」
 ○『シフクノオト』→「タガタメ」
 ○『I♡U』→「Worlds end」
 ○『HOME』→「彩り」
 ○『SUPERMARKET FANTASY』→「エソラ」
 ○『SENSE』→「擬態」

となるだろうか。シフクノオト→タガタメっていうのは少し異論を挟めないでもないが、ここでは置いておくことにする。そうすると完全にメンバーの選曲の裁量があったのは次の3(4)曲に過ぎない。

 「Drawing」、「いつでも微笑みを」、(「ランニングハイ」、)「僕らの音」

ランニングハイはシングル扱いをすることもできるが、『四次元 Four Dimensions』は少し扱いに困るところがあり、事実上「未来」と「and I love you」のダブルA面であると考えることもできるので、私としてはこう扱うことにする。(全部シングルというなら、「ヨーイドン」も収録されたはずだ。)
 収録曲総数は前回のBESTから1曲増えた全29曲。前回に比べミスチルが精力的にシングルを出し、シングル級のアルバムリードナンバーも作ってきた証拠と言えるから文句を付けずに済ませた方がいいのだろか。(ここで今から文句を付けようとしていることがばれてしまった。)この4曲は全て私の好きな曲であるが、しかしBESTに入れて欲しかったかと言われると評価が分かれるかもしれない。ライナーノーツをまだ読んでいないので、メンバーがこれらの曲に思い入れが特にあるということならそれまでだろう。私が気にしているのは偏りである。つまりこれらは、『It's~』か『I♡U』に収録されているのだ。制作に文句をつけるほど畏れ多いことはないが、各アルバムとも名曲揃いであることを考慮すると、各々から1曲という選択もあり得たんじゃないのかな〜というのがイチファンのとしての心境である。特にどうして「あんまり覚えてないや」(『HOME』)がはずされたのか合点がいかない。個人的には「ロックンロールは生きている」(『SENSE』)も入れて欲しかった。

 …と、こういうことを1人1人が言い出すとキリがないことぐらい、私も分かっている。大人しく音質がさらによくなったというmicro、macroを聞きますとも。もっともここで書いた疑問や不満は、ライナーノーツを読むことで解消される可能性が十分にある。その件についてはライナーノーツに書いてありましたぜ、ということであれば、ここまで無駄な時間をかけさせてしまった数少ない読者の皆様にお詫び申し上げなければならない。

 
(前BESTもよろしくね。左が“肉”(1992〜1995)、右が“骨”(1996〜2000))


[2012/6/3(Sun)]
関連記事
スポンサーサイト

Tag:レビュー  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

まとめtyaiました【#246 ミスチルベスト『micro』『macro』の収録曲】

 Mr.Childrenは2012年5月10日をもちまして、デビュー20周年でございます。それを記念して2000年からのBEST盤が発売される。『Mr.Children 2001-2005〈micro〉』『Mr.Children 2006-2010〈macro〉』である。フ まとめwoネタ速neo - 2012.06.07 13:45

AUTHOR PROFILE

zuok

Author:zuok

CALENDAR
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
THANK YOU FOR COMING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。